メンズ

より多くの集客を目指して|著作権フリーの音楽を活用する

コンバージョンさせる目的

広告

検索スタイルに合致する

ランディングページはユーザーにコンバージョンを行ってもらうページ構成です。ホームページの集客方法の一つになっています。通常のWebページは、多様な構成になっています。情報はページ単位で区切られており一枚のページに記入されている内容はあまり多くありません。しかし長い間滞在してもらうことでその効果を得るようになっています。しかし最近では検索エンジンを活用して目的のページに移動するユーザーが増加しています。複数のページを渡り歩く人が少なくなっているのです。そこで新たな手法としてランディングページが活用されるようになってきたのです。ランディングページの特徴は一枚ですべてのことを記しその一枚でコンバージョンまで完結する仕様になっている事です。

通常のページと異なる特徴

ランディングページにはいくつかの特徴があります。まずリンクが存在しないことです。他のページに移動されては困るからです。わかりやすくリンクを貼る通常のWebページとは異なるからです。そして縦長でスクロールが多いことが特徴でもあります。多様な情報を伝えるためにはそれなりのスペースを使用します。情報を満足に得られないまま次のステップに進むユーザーはあまりいません。そのため縦長でスクロールが多くなっています。上から下へ気になる情報を物語風に展開することもユーザー心理をとらえた仕様になっているのです。そしてないより画像を多用している事です。読むには意欲が必要になります。しかし画像は目に入りやすく、瞬間的にイメージとして伝えやすい効果をもっています。

音楽を利用する

画像だけではなく、映像での集客を促す方法もあります。それは、音楽を取り入れた方法です。音楽といっても、その楽曲を作詞作曲した人が明確な場合は著作権が発生します。著作権があるものは許可なしに勝手に使用することが出来ないので、使用する際は著作権フリーの音楽を使用するといいでしょう。著作権フリーの音楽をBGMにして動画などを作ってホームページに貼ればより多くの集客が見込めます。

サイト定着率を上げる工夫

パソコン

Webマーケティングの世界では従来の集客重視から、現在では定着率重視に変わってきています。こうした定着率を上げる対策の1種であるEFOは、利用者が情報入力を行うフォームを最適化する事で、使う負担感を減らす効果が期待できるのです。

» 詳しく読む

電話営業で成功するために

PCを触る人

直接会社に飛び入りしたり、電話をかけたりなど、これまでの営業方法はお世辞にも効率的とは言い難いものでした。しかし、テレマーケティングを利用すれば、自社で営業を行なうよりも高い確率で成功します。

» 詳しく読む

ネットでの広告活動

検索

インターネットを活用しながら商品の宣伝広告活動を行うケースが増えている。また、口コミなどで評判が広がる場合も多い。これらに反してあるのが、風評被害である。事実とは異なる書き込みによる被害であり、対策が重要となる。

» 詳しく読む