レディー

より多くの集客を目指して|著作権フリーの音楽を活用する

ネットでの広告活動

検索

広告とネット活用

インターネットの普及により、ネットを活用したマーケティングが様々行われるようになっている。インターネットを活用し、商品の有効性や特徴を効率的に訴えることで、売り上げ増につなげていくことも可能となっている。また、利用者が好意的な口コミを記載してくれることで、それの連鎖により売り上げを伸ばせるケースも多くなっている。このようにネット活用することで宣伝広告には効果があるが反面、風評被害も出るケースが増えている。事実とは異なる書き込みなどにより、その情報が拡散し、売り上げなどに大きく響くケースも出ている。インターネットを活用した宣伝広告活動では、宣伝活動を行いやすい反面、風評被害対策も十分行う点に特徴がある。

対策とその方法

風評被害への対策として、企業などで行われていることとして、逆SEO対策がある。SEO対策では、サイトへのアクセス数を伸ばす対策になるが、逆SEO対策では、特定のサイトへのアクセスをできるだけさせないための対策である。風評被害では、事実とは異なる悪意を持った書き込みを見る人が増えることで拡散することになる。そのため、これを防ぐためにそれらのサイトへのアクセスを減らし、風評被害を防止するというものになる。その為には、悪意のある書き込みのサイトを検索結果の下位に表示させるように、上位に表示されるものを増やす対策が行われる。これらの対策を行い、悪意のある書き込みに触れさせなくすることで、風評被害対策とすることができる。