レディー

より多くの集客を目指して|著作権フリーの音楽を活用する

サイト定着率を上げる工夫

パソコン

負担減少のための注意点

Webの世界では早いペースで技術革新が進み、様々な分野で新たな技術・様式が確立される様になっています。Webマーケティングの分野も同様で、従来の集客人数に焦点を絞った対策から、近年では「如何に利用者を定着させるか」という点に主眼が置かれる様になっています。そうした観点での対策の1つにEFOと呼ばれる方法があります。EFOとはEntry Form Optimizationの略称で、和訳ではエントリーフォーム最適化と表現されます。サイト上で利用者が何らかの情報を送信する時に使うフォームという仕組みを最適化、すなわち「より利用者が使いやすい」状態にする事を示した言葉として使われています。仮に利用者を集めても、フォームに情報をセットする入力作業の手間が多いと、サイトを使う負担感も増大するために利用者が離れる確率が高まります。そこでEFOによって、より利用しやすい様なフォーム形式を整える事が求められています。

法人サイトで有効な対策

こうしたEFOは特に、法人が運営するサービスサイトでの活用が必要だと言われています。法人の運営するサイトでは入力する情報が多めになりやすく、同じ情報が重複する確率もあるためです。EFOによって最適化されたフォームならこうした入力の回数を減らしたり重複を避けたりする事も期待できます。そしてサイトの利用率を上げた結果、近年増えているWeb経由での取引成立をしやすくする事にも繋がる、と考えられています。こうしたEFOで重要な条件としては、既に記した入力の手間軽減の他に、入力漏れおよび確認・エラー表示の冗長化を阻止する事が挙げられます。利用者が1度で確実に必要情報送信を行える様にする事で、入力作業を嫌気する事でのサイト離脱を防ぐ事に繋がります。現在ではこうしたEFO対策サービスやソリューションは様々な業者から提供される様になっています。こうしたサービスでは3つの必須条件に加え、フォームの何所にEFO面での問題があるかを調べるログ解析システムを導入しているものも増えていると言われています。